試写会・・

 

毎年ひと知れず咲くベランダの花

第二弾。赤いフリージア。

000_10

 

今日は渋谷の試写室で映画『北の

果ての小さな村で』という作品を

拝見しました。

000-2_2

フランス人監督が撮った「ドキュフィ

ション」と言って、半分ドキュメン

トで、半分脚本ありという作風。だか

ら実際にその土地に暮らす人々を撮っ

ていて、役者さんの演技というもので

はないのです。

 

舞台はグリーンランド東部の人口

80人の、イヌイット(先住民族)

が暮らす村、チニツキラーク。

そこにデンマーク人の青年教師が

子どもたちに勉強を教えるために

やってくる。

 

しかしこの小さな村には、先祖から

伝わる文化があり、犬ぞりでアザラ

シの狩りをしたり、魚を釣ったりし

て生きている。だからデンマーク

の勉強など、必要ないのです。

青年教師は村人に受け入れてもらえ

ず・・。そこで生きるためには先住

民族の文化を学ぶことが必要になり

ます。

 

氷と雪に包まれた村の生活と、先住

民族の文化の物語は、北海道の出身

者としてはすぐにアイヌ民族を思い

出した。

長い間その土地の自然とともに、

自分の食べる分だけを獲って、生き

る知恵を子孫に伝えてきた民族に、

文明を押し付けるようなことをする

のは、本当に良いことなのか。なぜ

劣っているような目で見てきたの

か・・。

 

いろいろ考えさせられる展開で

社会的問題がきっちり描かれて

いる。あと、グリーンランドの

自然が美しく、子どもたちが可愛

いので、それを見だけで温かい

気分になれる。

 

公開は7月だそうです!

 

 

| | コメント (0)

掲載誌・・

 

ずいぶん長くコラムを連載させていた

だいている地元「十勝毎日新聞」

 

 

000_8

これは朝ドラがはじまってすぐに

書いたのだけど、家に届いたとき

には情報が少し古くなってしまっ

た・・。

 

故郷が舞台だからひいき目で見て

いるのか、今回の朝ドラは面白い

なー。

 

昭和の20年代の設定なのだけど

山のなかの小川や十勝川の河原は

私の子どものころ遊んでいた景色。

きれいな清流は士幌か上士幌の

あたりじゃないかな?

 

 

お菓子屋の「雪月」は六花亭と

柳月を合わせて名前をつけたのだ

ろう。砂糖がない時代に十勝は

ビート糖を盛んに作っていたので

牛乳とビート糖とバターで美味し

いお菓子が作れたのですよね。

 

 

馬の絵を描いている山田天陽君

はたぶん鹿追町の農民画家で

ベニヤ板をキャンパスにしていた

神田日勝がモデルじゃないかと

思うのだけど、神田山陽にも

字面が似ていて親近感があるな。

 

子役のみんながとても可愛くて

演技が上手だったから、大きく

なるのが寂しいくらいだけど、

十勝から上京してくる展開も

楽しみ。

 

| | コメント (0)

昨日は・・

 

 

 

新進気鋭の落語家さん林家木久麿

師匠にお誘いいただいて、札幌の

松尾ジンギスカンでの会でした。

 

とても明るい温かいお客様で助かり

ました!ジンギスカンも美味しい!

 

今日は時間があったので札幌観光を

とホテルの近くの大通り公園と時計台

に。

 

000_4

時計台は修学旅行で来ているはず

なのに、中に入った記憶がないの

で初めて入館料(200円)を払

ってみる。

 

0000

世界各国の聖堂や宮殿や教会の

鐘の音が聴けるというのがあって、

聴き始めると止まらなくなってし

まって、老後は世界の鐘の音を聴

く旅になんぞ、カレシと行く

のはどうだろうと妄想していると

「よろしければ、館内のご案内を

しましょうか?」と素敵な老紳士

が声をかけてくださったのです。

 

000_5

ここは札幌農学校(現在の北海道

大学)があった場所で、アメリカ

から招かれた農学博士クラークさん

が、学問だけではなく肉体も鍛えら

れるようにと作った演武場(体育館)

なのだそう。知らなかったー。

時計台も、元々は鐘だけだったもの

クラークさんの案で時計版を四面

取り付けたのだとか。

 

000_6

 

明治時代の初期から変わらず動い

ている時計はここだけです。ワイヤ

で重り(瓦)をぶら下げて、引力で

動いているんだとか。だんだん下がっ

てくるから、週に二回ねじまきで瓦を

巻き上げるのです。

 

000_7

これは農学校の二期生だった

新渡戸稲造さんのノート。

なんと美しい英字と土木関係の図。

授業はすべて英語で、農業だけで

はなく、数学化学生物学他さまざま

な学問を学びました。日本でトップ

クラスの学生ばかり集められて

北海道の開拓のために学んでいたの

です。明治の初めに・・。

 

000-2_1

 

寄宿舎生活での食事はこんな感じ。

クラークさんが日本人は体格が良く

ないのでタンパク質を、と仰って、

これは、鹿の肉と、鱈、真ん中の

ローストは白鳥の肉なのです。

 

 

物知りの老紳士に案内してもらって

幸せなひとときを過ごしました。

できることなら、おばあさんになっ

ても、老紳士にいろいろ教えていた

だきたいものです。初めて聞くふり

して少女のように頬を染める

おばあさんに、私はなりたい・・

って、これも妄想・・。

 

 

 

| | コメント (0)

きょうは・・

 

 

 

お江戸日本橋亭で「日本講談協会祭」

がありました。

 

 

000_3

 

今回は妹弟子の神田昌味ちゃんの

自宅が二月に全焼してしまったこ 

とから「神田昌味を励ます会」

でした。

 

私は紙芝居で昌味ちゃん物語を

やらせてもらったのですが時間

を計っていかなかったので五分

終わってしまって、楽屋で

大ヒンシュク・・。

準備に三日ぐらいかかったの

にな(´;ω;`)ウゥゥ

 

でも今日のお客さまの木戸銭は、

昌味ちゃんへの御布施です。皆様

にご利益がありますように!

ありがとうございます‼

 

 

 

 

| | コメント (0)

このごろ・・

 

 

 

000_2

駒場を散歩していて見つけたコーヒーショップ。

コーヒーも美味しいし、とにかく落ち着く。

でも人気店だから、長居はできないの・・。

 

 

000-2

これは三軒茶屋を散歩してて見つけたお花。

八重桜? ところどころ濃い色のピンクが

あって、みごと。

 

 

今月から、地元の北海道十勝が舞台の朝ドラ

「なつぞら」がはじまって、朝が楽しみなの

だけど、初回から泣けるお話で、今日の四回

はもうぼろ泣きしてしまった。お爺さんの

草刈正雄さんの台詞、よかったー。脚本も

演技も、みんないい。こんなドラマが十勝を

舞台に描かれているなんて、本当に奇跡の

よう。

 

十勝に愛を込めて言えば、地元の方々はもう

少し熱く感動を表現したほうがいいのではな

いかと・・。地元の方たちは全国的に十勝が

知られることに冷めているようで、ちょっと

悲しい・・。気のせいかな?

 

でも、十勝は酪農と農業の土地で牛と畑の

顔色ばかりうかがって生活してきたから、

商人文化はないのですよね。ヨイショをした

り、愛想をふりまいたりしてお客さんを

もてなすことは、生きるために必要なかった

のです。

これから、十勝帯広に観光客が増えても

たぶん、地元のひとは上手に「おもてなし」

できないかもしれないのですが、そのような

土地だと思ってお許しいただけないかと

心ひそかに思っております。大きなお世話で

しょうが・・。

十勝観光は、人との対話ではなく、自然との

対話を期待して・・。

| | コメント (0)

先日ですが・・。

000_1

 

北海道の従妹が来たので墨田区の江戸東京

博物館の裏手にある「すみだ北斎美術館」に

行きました。

かなり見ごたえのある葛飾北斎の作品のかず

かず。漫画もけっこうあるのだけど、日本で

初めて漫画を描いたのって北斎なのかな? 

わからないけど後の漫画の世界にかなり

影響を与えたのだろうな。

 

それにしても、同じ年ぐらいの従妹って小さい

ころからのつき合いだけど、お互いにオバサン

なると、話がつきないのなんの。三日間ぐら

いは話していられるかも。いや、相手が誰で

あれ、最近は自転車置き場の警備のオジさん

とまで立ち話をしているから、私って

よっぽど寂しいのかと、自分で自分が

心配になる・・。

 

 

💡よてい

 

4月5日(金)

お江戸日本橋亭 17時30分開演

日本講談協会祭

 

4月7日 札幌松尾ジンギスカン

 林家きく麿師匠と伺います!

 

 

 

8月24日新刊 「母のあしおと」

(集英社) が発売されました。

北海道十勝を舞台にしたひとりの女性

の人生をさかのぼって行く物語です。

 

 

絶賛好評発売中の文庫本です!

三軒茶屋を舞台に書きました!

5月29日発売の「一生に一度のこの恋に

タネも仕掛けもございません」(新潮文庫)

 

 

PTAとミュージシャンオタク主婦の物語

「七色結び」(光文社刊)発売中!

本TUBE  動画サイト公開中!

http://www.hon-tube.com/pc/movie.php?movieid=2645

 

短編小説集 『しょっぱい夕陽』

(講談社) が文庫本になりました!

くわしい内容は、こちらのサイトで見

られます。

 「しょっぱい夕陽」講談社紹介

サイト公開中です!

 http://book-sp.kodansha.co.jp/topics/shoppaiyuuhi/

 

 

「短篇ベストコレクション 現代の小説

2016日本文藝家協会 編」 (徳間

書店)発売中。

「小説すばる」掲載の「おっぱいブルー」

が収録。

 

 長編小説「オレンジシルク」

(新潮社刊)発売中!

 

 小説 「ぼくの守る星」

(集英社)文庫が発売になりました。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

下北沢の・・。

 


000000_1


下北沢の自転車置き場から見える線路わき


が黄色いお花で埋め尽くされて、すごく


きれい! 毎年変わらない景色はいいな。


 


下北沢駅前は工事でがらりと変わってしま


って、駅の南口がなくなって東口になって


しまって「南口商店街」の立場が・・。


 


変わるといえば、このブログも急に書き込み方


が変わって、今までのように気楽に書けないの


です。好きなミュージシャンのファンクラブ


サイトも、変わってから楽しくなくなって・・。


ついていけないのは寂しいなあ。


 


000


そんなことを思いながら歩いていると、


ひょうたん細工屋さんの店頭では、今年も


いつもと同じようにトマトが並んでいて、


思わず全部買ってしまった! これホント


美味しい!

| | コメント (0)

昨日は・・。

  
000000


下北沢の素敵なライブスペース「レテ」にて

鈴木晶久さんの弾き語りライブ「独演会vo18」が。

初めて聴く曲もよかったし、演芸(?)の時間も

楽しかったー!何がいいって技術を持ちながら

「初々しさ」をモットーとしているところ。


ジュリーの「おまえがパラダイス」がいい曲だ

ったから帰ってYouTubeでチェックしたら、ホント

ジュリー、かっこよすぎ。マイクを持つ手がもう

放送禁止レベルじゃないか・・。


あと、チェックしたのがデヴィッド・ボウイの逮捕時

の写真。違法ドラッグかなにかで逮捕されたときの

写真がかっこいいのなんの。左右の目の色が違うの

は片方ケガをしたから、らしくて、見えなかったって

はじめて知った・・。それが色気なってるのかな。


鈴木晶久さんの「独演」次回は6月なんだとか。


| | コメント (0)

今日は・・。

22222

(初めてスカイツリーに上ってみた

カピバラの親子)

今日は上野広小路亭で講談会があり

ました。いっぱいのお客様で、温かく

見守っていただきました(?)ありがとう

ございます。

内田春菊さん原作「赤い唇の彼」は、

思えば東北の震災の前々日、3月9日

に紀伊國屋ホールで演ったネタです。

8年ぶりということか・・。古典を聞きに

いらしている歴史好きのお客様が、

すごーく渋い表情になっていく、客席

模様を思い出しました・・。

福岡でいただいた美味しい水炊きの

お店「華味鳥」は上野広小路に支店が

あると聞いていたので見に行ってみる

と、本当に上野広小路亭のすぐそば。

水炊きや、鶏料理は美味しくてヘルシー

だから、女子会にいいんじゃないかな?

よてい

4月5日(金)

お江戸日本橋亭 17時30分開演

日本講談協会祭

来年4月7日 札幌松尾ジンギスカン

 林家きく麿師匠と伺います!

0000000

8月24日新刊 「母のあしおと」

(集英社) が発売されました。

北海道十勝を舞台にしたひとりの女性

の人生をさかのぼって行く物語です。

絶賛好評発売中の文庫本です!

三軒茶屋を舞台に書きました!

00

Photo

5月29日発売の「一生に一度のこの恋に

タネも仕掛けもございません」(新潮文庫)

PTAとミュージシャンオタク主婦の物語

「七色結び」(光文社刊)発売中!

Photo



本TUBE  動画サイト公開中!

短編小説集 『しょっぱい夕陽』

(講談社) が文庫本になりました!

 

Photo

Photo_2

くわしい内容は、こちらのサイトで見

られます。

 「しょっぱい夕陽」講談社紹介

サイト公開中です!

 http://book-sp.kodansha.co.jp/topics/shoppaiyuuhi/

 

 

Photo_3

 

「短篇ベストコレクション 現代の小説

2016日本文藝家協会 編」 (徳間

書店)発売中。

「小説すばる」掲載の「おっぱいブルー」

が収録。

02

 

 長編小説「オレンジシルク」

(新潮社刊)発売中!

 

 

 小説 「ぼくの守る星」

(集英社)文庫が発売になりました。

 

01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あの日から・・

8年とは・・。衝撃はつい最近のことの

ように憶えているのに、年月は18年くらい

経っているような感覚になるのです・・。

22222

ベランダで、今年も勝手に咲いてくれた

スイセンの花。お花は誰に認められず

とも、褒められずとも、ときが来るとちゃん

と空を向いて美しく咲いて、えらいなー。

花びらの色は、受粉してくれる虫たちに

見つけられやすい色になっているそうだ

けど、虫のためだけではないと思う。

人間の心を穏やかにするために神様が

作ってくれたとか・・。わたしは特に

自意識過剰で辛くなったときに野原の

草花に救われるから、お花はありがたい・・。

3月18日(月) 

上野広小路亭 講談の会

茜出演は12時40分ぐらいです

4月5日(金)

お江戸日本橋亭 17時30分開演

日本講談協会祭

来年4月7日 札幌松尾ジンギスカン

 林家きく麿師匠と伺います!

0000000

8月24日新刊 「母のあしおと」

(集英社) が発売されました。

北海道十勝を舞台にしたひとりの女性

の人生をさかのぼって行く物語です。

絶賛好評発売中の文庫本です!

三軒茶屋を舞台に書きました!

00

Photo

5月29日発売の「一生に一度のこの恋に

タネも仕掛けもございません」(新潮文庫)

PTAとミュージシャンオタク主婦の物語

「七色結び」(光文社刊)発売中!

Photo



本TUBE  動画サイト公開中!

短編小説集 『しょっぱい夕陽』

(講談社) が文庫本になりました!

 

Photo

Photo_2

くわしい内容は、こちらのサイトで見

られます。

 「しょっぱい夕陽」講談社紹介

サイト公開中です!

 http://book-sp.kodansha.co.jp/topics/shoppaiyuuhi/

 

 

Photo_3

 

「短篇ベストコレクション 現代の小説

2016日本文藝家協会 編」 (徳間

書店)発売中。

「小説すばる」掲載の「おっぱいブルー」

が収録。

02

 

 長編小説「オレンジシルク」

(新潮社刊)発売中!

 

 

 小説 「ぼくの守る星」

(集英社)文庫が発売になりました。

 

01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«昨日は・・