« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

やっと・・

 

 

 

0000_20200428211301

近所にたくさん咲いているこの

泡のような花の木はなんだろう。

 

やっと家での原稿書きに集中できる

ようになってきて、パン屋さんの話

は今月中に仕上がるかな? 本当は

3月締め切りだったのに、こんな

状態で・・。スタバや美味しいコー

ヒー屋さんの椅子が恋しいな。

バスに乗ってぼーっとしたいな。

 

某演芸雑誌からアンケートが送られ

てきて、いろいろ質問があるなかで

若手の後輩達へのアドバイスみたい

なのがあって、偉そうに語れるよう

ないい先輩じゃないから回答なしに

しようと思ったのだけど、自分自身

にアドバイスするとしたら、

 

コロナ後の世界というのは確実に

人間の内面が変わっているはずだか

ら、コロナ前と同じところに戻る

ことはできない、と言うか同じこと

をやっても何かが足りないと感じる

はず。だからプラスONEの何かを

身につけないといけない。

 

なんでもいいから、ネタを増やすん

でも、楽器を猛稽古するんでも。

マジックの技を身につけるとか、

タロット占いの勉強をするとか・・。

人間性に厚みが出来るといい。

あとは他人を羨まない。酒に逃げ

ないことかな。

ホント、若手へのアドバイスでは

なく自分自身に言いたいこと・・。

 

 

 

00000000_20200428213801

今、テッセンがきれい。この花、

実家の母がリボンフラワーで作って

たな。

 

 

 

 

 

💿

| | コメント (0)

北海道の・・

 

 

00_20200425204001

帯広の友人が差し入れ?を

送ってくれたー!

 

手づくりマスクとか柳月の

どら焼きとか、いろいろ。

十勝のあずき、久しぶりだな。

 

八月にはまた同級生たちが

帯広で講談会を催してくれる

予定で、楽しい会ができると

いいな。

 

買い出しに行くのは四日おき

くらいだけど、そのたびに

違う花が咲いていてびっくり。

0000_20200425205501

いつもなら気がつかないかも

しれない花たち・・。

00000000_20200425205501

 

 

 

 

 

 

 

 

🐶

 

| | コメント (0)

絵本・・④

  

 

へんな落書きになってしまったけ

ど・・。

 

0000_20200422205401

ピー子は確か私が小学校にあがる前

にうちに貰われてきて、キー子が来

てからは鳥かごを別にして暮らして

いました。昼間は自分で窓をあけて

外で遊び、学校から帰った私と遊ん

で、夜は鳥かごのなかで寝ていま

した。

00_20200422210401

ピー子が来てからうちは二回引っ越

しをしましたが、ピー子は穏やかで

した。夏は水浴びをさせたり、冬は

かごを毛布でかこったりはしたけど

ほとんど手がかからない子でした。

というか、ピー子が頭の上でフンを

しても、ノートをかじっても、まっ

たく平気なくらい可愛かったので

す。

 

00000000

ある日学校から帰ると母が泣きは

らしていて、洗濯しているときに

窓のすき間からノラ猫が飛び出す

のが見えて、あわてて鳥かごを見

るとピー子がいなくなっていたと

言うのです。

 

0000_20200422212101

ピー子がいつもひとりで遊んでいた

本棚のところに、水色の小さな羽が

五、六枚ちらばっていました。

 

000_20200422212301

どんなに悲しくてもピー子に会えな

かった日々より、会えた日々の方が

ずっと楽しかったと思うのです。

愛おしくて、なにかしてあげたく

なる、はじめての存在だったから。

 

02_20200422213701

いい母親になれないって悩んで

いた、そのずっと前からピー子

のママになっていたんだな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

👟

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

絵本・・③

 

絵本というより落書きだけど・・。

 

0000_20200421211201

ピー子ちゃんは体が小さかったから

できたのだと思うけど、口ばしで

鳥かごの窓を持ち上げて、すき間に

頭をつっこんで、くいっくいっと

肩をねじるともう外に出ているので

す。

 

00_20200421211801

羽も小さくて飛べないから、本棚の

ところで羽毛をつくろったりして、

ひとりでもじゅうぶん満足そうで

したが、私は放っておくことができ

ずに、すぐに手をのばしました。

 

0000_20200421212401

手のひらにのせて、ゆびで首の

まわりを撫でて、かいてやると

気持ちよさそうに目を閉じて

あごの下だとか、もっともっと

と、こちらに向けてさいそくす

るのです。かくのをやめると

悲しそうな目で見るので、い

つまでもかいていると、手の

ひらにお腹をおろしてうっとり

していました。

 

02_20200421213901

肩にのせたときには首をつんつん

するので横を向くと、私の口に

口ばしをつっこんで、ツバを吸お

うとするのです。インコは人間の

ツバを吸うのが好きだけど、

ピー子は甘えるのがとっても上手

でした。ホントにインコなのかな

と思うくらい小学生のわたしと

上手に遊んでくれました。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

絵本・・②

 

 

 

 

0000_20200420213101

この絵本・・というかママになれる

のか悩んだときに描いた落書きは

インコのキー子をモデルに描いた

つもりでいたのです。キー子は卵を

たくさん産んで立派にヒナをかえし

て、たくましいお母さんだったから。

00_20200420213701

でも今見ると小学生のころの私と

仲良しだった水色のインコの

ピー子のようにも見えるな。

 

ピー子は生まれつき両足が内側に

曲がっていて、体がほかのインコ

の半分くらいしかない小さな子で

母が、貰い手がなくて困っていた

知り合いから貰ってきたのです。

 

0000_20200420214401

いっしょに貰った男の子のピー太

君は立派な体に育ち、おっとりした

インコでピー子と同じ鳥かごのなか

で静かに暮らしていたので仲の良い

つがいだと思っていました。

 

02_20200420214901

ある日キー子ちゃんが迷い込んで

きてから、ピー太は目覚めたよう

にオスになってしまったのです。

するとピー子はくちばしで鳥かご

の口を持ち上げて、外に出るよう

になりました。前からそんなこと

が出来ていたかのように、軽々と

戸をあけて逃げ出したのです。

小さくて飛べないのに、鳥かごの

上の本棚のところで、いつもひとり

で遊んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

👝

| | コメント (0)

絵本・・

 

 

部屋のかたづけをしていると出て

きた絵本・・というか昔描いた

らくがき・・。

 

 

02_20200419213301

なつかしいな。「こおやしい」

というのは薩摩地方の方言で

「子育て」という意味。

 

00_20200419213401

このお母さんのモデルは小学生の

ころ実家で飼っていたキー子とい

うセキセイインコ。

 

0000_20200419213701

キー子はベランダから舞い込んで

きて、緑色のインコのピー太君と

仲良くなって、前妻のピー子を

追い出して、ピー太君とのつがい

で子どもを10羽以上かえしたの

です。

7ol2ngm_20200419214301

キー子は誰に教わったわけでもな

いのに、どんどん子どもを育てて、

どうしてあんなに上手にお母さん

になれたの? って、そんなこと

を考えて、子どもを寝かせてから

毎夜この絵を描いていたので

す・・。

 

 

 

ちなみに、追い出された前妻の

ピー子は足がちょっとわるい

水色のインコで、ひとりになっ

てからすごく人懐っこくなって

私のいちばんの仲良しでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

🏠

 

 

| | コメント (0)

うめぼし・・。

 

 

00000_20200418214101

「母のあしおと」(集英社文庫)

発売になりました! 

読みやすくて安いので、コスパ

最高です!

 

 

 

朝食に玉子と梅干を食べることに

しているのだけど、お粥や雑炊に

飽きたのでトーストに合うように

いろいろやってみました。

00_20200418214601

おにぎりに入れる、昆布しょうが

と梅干入りオムレツ。これは美味

しかった!

 

7ol2ngm_20200418214801

ひじきと梅干と魚肉ソーセージ

入りオムレツ。これはもうちょ

っとかな? ツナとか入れると

いいのかも。かぼちゃが上手く

蒸かせて、こっちは美味しかっ

た!

だんだん料理や掃除にも疲れて

くるから、休み休み楽しくしな

くちゃね。

 

 

 

 

 

 

 

 

📝

 

| | コメント (0)

本日発売。

 

 

00000_20200417202801

「母のあしおと」(集英社文庫)

本日発売です!あっという間に

読めますし、安いです!

02_20200417203101

背表紙は黄色です!

0000_20200417203201

解説は北上次郎さん!

 

 

 

次作のパン屋さんの物語はちょっと

ずつ進んでいるのだけど、自宅だと

いろいろと気になることがあって、

今日は20年以上さわっていなか

った棚の断捨離をすると・・。

7ol2ngm_20200417203701

買ったおぼえがないCDが何枚も

でてきたのだけど、これは誰かに

借りたもの? まったく記憶がな

い。でもこれって、今だから聴き

たいのもある。いちばん不思議な

のが斉藤和義さんと玲葉奈さんの

「五秒の再会」。私が斉藤和義さ

んにハマってコンサート行くよう

になるずっと前からCD持ってた

みたい。新宿あたりの店で酔っぱ

らったときにこのCDを本人から

もらった記憶がうっすらあるのだ

けど・・20年前だから・・。

 

もともと弱い記憶力が寄る年波で

ますます弱くなって、このCDを

誰かに借りていたらゴメンナサイ💦

昔の彼が置いて行ったクラッシック

のCDはすべて断捨離させていた

だきました。いまさら送るのも・・

なんだし・・スミマセン💧

 

 

 

 

 

👜

 

 

| | コメント (0)

下北沢・・

 

 

000_20200415213101

知らぬ間にハナミズキの季節になっ

ていた・・。やっぱり可愛い花。

 

病院の薬をもらいに26日ぶりに

下北沢まで歩いてみると・・やは

り閉まっている店もあるけれど、

けっこう開いているお店も・・。

帰り道テイクアウトのカレーを

買って帰った!

 

ミュージシャンの曽我部恵一さん

の「八月」というお店のでスパイ

シーなとっても美味しいカレーだ

った!

 

テイクアウトやデリバリーで頑張っ

ているお店もあるけれど飲食店は

いま苦しいだろうな。辛いだろ

うな・・。

都会はとにかく家賃というのが高額

で下北沢の駅前あたりだと小さい

店舗でも月に百万円位だと聞いたこ

とがあって。それを補償金額を考え

ている都や国の役人さんや政治家は

わかっているのだろうか・・。

 

大家さんはどうなんだろう。いつ

もと同じ家賃収入を得て胸が痛まな

いのだろうか・・。

もし私がビルのオーナーで(もし

もね)店子の飲食店が休業要請で

休んでいたり、お客が来なくて困って

いたりしたら、今月から三ヶ月間

家賃はいらないから頑張って店を

続けてねって言うだろうな。

まあオーナーじゃないからそう

思うんだろうけど・・。

でももしビルの店がぜーんぶつぶ

れて空き家ばっかりになったら、

新しく店を始めるひともいない

だろうし、その方が赤字がふえる

もんね。ビルが廃墟になっちゃう

もんね。

 

そんなことを考えたのも、今日我が

アパートの更新料の請求書が届いた

から・・。泣き面に蜂という感じで

もう笑うしかない・・。

 

 

 

 

 

🔑

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

きょうの料理・・

 

 

00000_20200413205501

「母のあしおと」(集英社文庫)

は4月17日発売です!

 

 

 

 

落語協会のお囃子さん恩田えり

ちゃんから、ひじきが届きまし

た。

00_20200413205801

祝島というのは山口県にある小島

で、恩田えりちゃんはその島が気

に入って、家と船を持っているの

です。早速ひじきを煮てみると。

 

000_20200413210101

うまいー!うまいよーえりちゃん!

柔らかくて甘みがある。最高!

 

今日はいただき物のひじきを煮て

いただき物の細ゴボウを甘酢炒め

にして、いただき物のそらまめを

塩ゆでして・・うわーっ、いただ

き物ばっかり・・。

ありがとうございます。これで

生きのびます・・。

 

所属先の落語協会から連絡が来

て、今年は夏の寄り合い、8月の

圓朝忌、9月の謝楽祭まで中止に

なるそうです。まさかそんな先まで

と思っていたのでショックです。

8月の住吉踊りは何とかできると

いいな。

 

 

 

 

 

🎩

 

 

 

| | コメント (0)

文庫発売日は・・。

 

 

000_20200410204701

これはヤマブキ・・じゃないな。

これは大好きな色。きれいだなー。

 

 

「母のあしおと」(集英社)の文庫

の発売日は私の記憶まちがいで(そ

ういうことが頻繁です)11日では

なく17日なのだそうです。おバカ

でスビバセン(;^_^A

集英社は感染症の影響などいろいろ

大変みたいなのに、予定通り出版し

ていただけることに感謝です!

 

今日は見本が届きました。

 

00000

カバーのデザインが気に入ってい

ます。内容の、優しいだけではなく

ちょっと毒っけもある、私の目指し

たイメージにぴったりです。

 

解説は書評家の北上次郎さん。

これまでの全作品について書いて

くださっています。毎回新しいこと

に挑戦している、という文言は

自分でも意識していたわけではな

かったので、思いがけず最高の

誉め言葉として受け取りました。

これから進むべき道も、北上さん

に教えていただいたようです。

 

恐れずに、新しいものを書けばいい

のです。何者でもないのだから、

失うものは何もないのです。

 

0000_20200410210401

 

 

 

 

 

📖

 

 

| | コメント (0)

お弁当・・

02_20200408205201

だんだん、ご飯を作るのにも食べる

のにも飽きてきて、お弁当にしてみ

たのだけど・・。

 

まあ50代女性のお弁当だから・・。

誰かに作るときには焼き魚と

玉子焼きは絶対に入れる・・と思う。

 

おにぎりの具は生姜と昆布の佃煮

で最近はまっている。あとクルミ

の甘露煮みたいのはオメガ3をと

れるし甘くておにぎりに合うか

ら常備菜。

 

あとシイタケとさつま揚げと

大根の煮物をこの間たくさん

作って冷蔵庫にストック。

 

昨日連絡があり都内の寄席が

5月6日まで休演となるのが

決まったそうです。

私は寄席出演が多いわけでは

なく、原稿書きの時期だと思え

ばこれまでの生活とそう変わる

ことはないのですが、寄席の

出演が多かった芸人さんは辛い

だろうと思います。

たい平さんは、マスクを縫った

そうでネットニュースになって

いて、一瞬笑ってしまった・・。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

明日からの寄席は

 

今月1日から10日までの予定で

池袋演芸場に出演中でしたが明日

6日から12日まで都内の寄席四軒

はすべて休演になるとの連絡がきま

した。

 

正直、こんなときに高座にあがって

いいものか毎日複雑な思いだった

ので、ほっとしてます・・。

 

落ち着きましたら満席のお客様に

思いっきり笑っていただけるよう

に今は心身を健やかに保って準備

をする期間だと思うようにします。

寄席を楽しみにしていらっしゃる

お客様が、みーんなお元気であら

れますよう、お祈りしております!

 

私の前世は洞窟のなかの祈祷師だ

ったと霊能者に言われたのです!

だから祈ります!

 

 

 

 

 

🎶

| | コメント (2)

文庫発売・・。

 

 

0000_20200403215901

ご近所のマンション前に飾ってある

鉢植え。ゼラニウムは強くて育てや

すいのだけど気がつくと枝がのび過

ぎてしまって、

形を保つのが難しいのです。でもこ

の鉢はどこから見ても丸く整ってい

て大きな葉がこんなにつまって、

これはたぶん十年くらい手入れを

続けている鉢なのではなかろうか・・

と感動したので写真に撮りました。

さりげないけど手がかかっている

ものって、見つけると感動するな。

 

 

『母のあしおと』(集英社)の

文庫版が4月11日に発売になり

ます!内容はさらに読みやすく

なり、北上次郎さんが解説を書い

てくださっています。それだけで

も立ち読みしてほしい・・と思う

くらい、ありがたい解説です!

 

 

 

 

 

 

 

📖

 

| | コメント (0)

窓をあければ・・。

 

0000_20200401213401

これはポケットティッシュ。浅草

の楽屋で林家ぺー先生にもらった!

たい平さんがデザインしたのだそう。

 

今日からは池袋演芸場の夜席に

出演しています。地下の劇場で

あまり換気がよくないので、

お客様は、感染が収まって安心

して居られるようになってから

いらっしゃってはいかがでしょ

うか。

 

今度の4日、5日の土日は休演

になるそうです。

 

夕方のバスと山手線がいつも

通り混んでいてびっくり・・。

地上を走る乗り物は、雨の日に

窓を開けられないなんて、気づ

かなかった。自分の近くだけ

でもとバスの窓を開けたら、

雨が吹き込んでずぶ濡れに

なった・・。いろいろ大変ね・・。

 

 

 

🌂

 

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »